かつてあんなにも愛されていたのに、近頃なぜフロッピーディスクドライブを見かける機会が減ったのでしょうか。もしかして液体に弱いせいでしょうか、などと考えたのかどうかは分かりませんが、英国のデザインーム Chambers Juddが、Floppy Legs という液体を感知した際に一人で立ち上がる足の生えたフロッピードライブを提案しています。いわく、毎日の生活環境に潜む脅威から製品を守るための自然な利用方法を調査する試み、とのこと。どういう機構で立ち上がるのか、液体の接近をどう検知するのかなどは一切説明のないフィクションですが、もし本当にこんな動きをするドライブがあったなら、今も愛されたこと間違いなしです。

Switched