パナソニックの米国向けウェブサイトに、HDC-SDT750を名乗る謎のビデオカメラの広告が出没していました。広告によれば、この製品は「世界発の3Dビデオカメラ」。正式発表時には、一般向けとしては、といった注釈が付くものと思われます。写真のとおり、一般的な横持ちビデオカメラに取り外し可能な巨大レンズがくっついたような形で、この巨大レンズを「3Dコンバージョンレンズ」と呼ぶとのこと。広告にはそのほか、AVCHD形式での1080p・60fps撮影、ハイブリッドO.I.S.手振れ補正といった文言もありましたが、残念ながら削除済。ちなみにPCWorldは、この情報流出に先行して同社が今月28日に3Dビデオカメラを発表すると報じています。続きには画像をもう一枚掲載。