Kindleから累計100万部作家が誕生

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年07月30日, 午後 04:00 in amazon
0シェア
FacebookTwitter

アマゾンからまたKindle売上自慢のお知らせです。作家スティーグ・ラーソン氏の作品が、Kindleで全世界累計100万部を突破しました。アマゾンはKindle Million Clubなる100万部Kindle作家の殿堂を設けることも発表しており、ラーソン氏は初の殿堂入りメンバーということになります(※無料作品は殿堂入り資格なし)。ラーソン氏は映画にもなった「ドラゴン・タトゥーの女」などミレニアム3部作で知られるスウェーデン人。すでに故人です。

電子書籍で最高部数を記録したのが世界的に有名な作家の人気シリーズというのは、当たり前のような夢がないような話ですが、考えてみれば日本でも話題になるのは京極夏彦氏や村上龍氏、瀬名秀明氏など紙媒体で実績ある大物作家の取り組みばかりです。はたして電子書籍世代から100万部作家が登場する日はいつでしょうか。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, kindle, stieg larsson, StiegLarsson
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents