BlackBerry Torch発表。タッチスクリーン & スライドキーボード、新OS搭載

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年08月4日, 午前 01:30 in blackberry
0シェア
FacebookTwitter

タッチスクリーンとQWERTYキーボードを両方備えたBlackBerryがついに発表されました。名前はBlackBerry Torch 9800。主な仕様は480x360解像度タッチスクリーン、スライド式QWERTYキーボード、9700以降お馴染みのトラックパッド、AF・手ブレ補正・フラッシュ付き500万画素カメラ、802.11b/g/n WiFi、GPS、急拡大した4GBの内蔵ストレージなど。microSDスロットも搭載し、4GBカードが同梱、最大32GBまで対応します。対応ネットワークはGSM/GPRS/EDGEが850/900/1800/1900MHz、HSPDA/UMTSが800/850/1900/2100MHz。

しかしハードウェアの進化より重要なのは、ソフトウェア面の刷新です。Torchは新しいBlackBerry 6を搭載しており、見た目の変化に加えてWebkitベースの新ブラウザ、ユニバーサルサーチ、ソーシャルネットワーク情報のまとめ表示など、今時の機能を備えました。珍しいところでは、PCのメディアファイルをWiFiで同期できるMedia Sync機能も搭載。実際の雰囲気は続きに掲載した動画で確認を。米国ではAT&Tから8月12日発売となりますが、つい先月末にドコモから9700が発売されたばかりの日本ではどうでしょうか。

sourceAT&T, RIM






 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: blackberry, blackberry torch, blackberry torch 9800, BlackberryTorch, BlackberryTorch9800
0シェア
FacebookTwitter