ドコモ回線で iPhone 4 が使えるmicroSIM、日本通信が月内にも販売へ(追記:確定)

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年08月6日, 午前 11:15 in docomo
0シェア
FacebookTwitter

ドコモ回線のMVNO事業者である日本通信が、iPhone 4用microSIMを月内にも販売すると、6日付けの日経新聞朝刊が報じています。SIMは無料で提供され、音声通話とデータ通信がセットになったプランが1050円分の無料通話込みで月額3785円、データ通信のみのプランが月額2980円になるとのこと。日本通信の既存サービスから類推するなら、talkingSIMとb-mobile SIM U300のmicroSIM版ということになります(ただしtalkingSIMは月額3960円と、なぜか微妙な差額が発生)。日本通信の三田聖二 代表取締役社長も「MiroSIMまもなく」とつぶやいており、おそらく300kbps制限がかかる、ドコモやソフトバンクのメールサービスは使えないといった課題があるとはいえ「ドコモ回線でiPhone 4」が間もなく現実となるのは間違いなさそうです。

とはいえ、日本で販売されているiPhone 4はSIMロックつきです。ロック解除を巡ってドコモとソフトバンクが激しく争っていたのも記憶に新しいところ。日経記事によれば、日本通信は輸入業者にSIMロックフリーのiPhone 4の輸入を促していくほか、将来的にはロックフリー端末とmicroSIMのセットも販売していく予定とのこと。ドコモにしてみれば、SIMロック解除を待たずにソフトバンクモバイルの本丸への侵攻開始というところでしょうか。そろそろ反撃がシャレにならなくなってきました。

追記:
日本通信から正式な......つぶやきが発表されました。「SIMロックフリーiPhone4用microSIMカードを今月下旬までに発売の予定です」とのこと。価格などは後日発表。優先リザーブメール受付というアドレスも紹介されていますが、ぜんぜん繋がりません。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: docomo, iphone 4, Iphone4, j-com, micro sim, microsim
0シェア
FacebookTwitter