iPad で Xvid形式の動画ファイルを無変換再生できるプレーヤーアプリ CineXPlayer が公開されました。 iPod / iOSデバイスや iTunesはメディアプレーヤーでありつつ、シェアを背景にそれ自体がアップルの振るう道具という側面もあり、技術的には可能でも (あえて / わざわざ) 対応していない規格が多々あります。CineXPlayer はそうした形式のひとつ Xvid (.AVIコンテナ) の無変換転送と再生を実現する単体動画プレーヤーアプリ。

Xvid .AVIファイルはiTunesのライブラリに落としても登録できないため、ファイルの転送にはデバイスを iTunes に接続して [App] タブ下 「ファイル共有」( "以下の App では、iPadとこのコンピュータとの間で文書を転送できます。" )を使います。転送した AVI ファイルは iPad側の CineXPlayer でファイル名がそのまま羅列され、リストからタップで再生・スワイプして削除のみのすさまじくシンプルなインターフェースで扱えます。再生品質そのものは高く、タイムラインをタッチして再生位置決定やリジューム、画面フィット程度の基本機能は搭載します。

ただしPCのように「システムが呼び出すコーデックを追加」するわけでも「iPadの」対応ファイルが増えるわけでもなく、あくまで CineXPlayer アプリが独自の文書を再生する扱いです。動画再生コンポーネントも独自のため、スクラブ中に指を下に滑らせて再生位置を細かく調節する機能 etc には非対応。すでに PC 上に大量の Xvid .AVI 動画があり、わざわざ iTunes / iPad がネイティブで読んでくれる形式に再変換するのが面倒、といった状況には便利なアプリです。CineXPlayer は現在のところ無料で App Store から入手できます。