Microsoft Hardware が Twitter でチラ見せを続けてきた新製品、 Arc Touch マウスらしきものがドイツのオンラインストアに掲載されています。正式には発表されていない製品とあって「らしきもの」をつけて紹介せざるを得ませんが、製品画像(らしきもの) を見るかぎり、フラットな状態からぐっと折れて立ちあがり円弧を描くように変形するマウスのようです。現在販売されている Arc マウス は円弧の状態から犬が尻尾を巻くように折りたたむことで持ち運びやすくなる製品ですが、Arc Touchは円弧の状態では一般的なマウスのように手のひらに沿って持ちやすく、フラットに伸びることで収納しやすくなるデザイン。

またタッチの名前が示すように、スクロールホイールのかわりにタッチでスクロールするストリップを備えているようにも見えます。ボタンにクリック感はあるのか (ありそう)、どの部分までがタッチパネルなのか、スクロール以外のジェスチャなど Windows Touch に対応するのか etc は未詳。アップルでいう Magic Trackpad より、Magic Mouse に変形機能が加わったような製品です。そのほかの仕様はUSB 接続のNanoトランシーバが付属する2.4GHz帯無線式、センサーはマイクロソフト自慢のBlueTrack。フライング掲載されていた際の価格は69.99ユーロ。ここまで詳細な情報が小売店に渡っていることから、さすがに正式発表も近いと考えられます。