MSIのタブレットはWindPad 100 、Windows 7 採用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年08月19日, 午後 01:03 in msi
0シェア
FacebookTwitter
台湾勢のタブレットといえば Asus が Eee Pad 三種 + Eee Tablet の計4機種すべてOS違いという他品種展開を予定していますが、ネットブックの Wind や 薄型ノート X-Slim で名を馳せた MSI もタブレット型製品を開発しています。ギャラリーは MSI 版 タブレット WindPad 100 の新規製品画像。インテル Atom Z プロセッサで Windows 7 が動く10型 タブレット WindPad は6月のComputex ですでに実働するプロトタイプが公開されていました。今回の公式製品画像は、9月のベルリン IFA を控えて最終版に近いと思われるデザインや初公開のドックアクセサリを含む内容です。WindPad 100の製品版は年内にも 499ドル前後で発売される予定。なお、MSI は インテル Atom + Windows ではない NVIDIA Tegra + AndroidのタブレットもCESでプロトタイプを公開していましたが、こちらの続報は(まだ) ありません。






こちらは Computex に出展されていたプロトタイプ実機のギャラリー。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: msi, msi wind, MsiWind, tablet, windows 7, Windows7, windpad 100, Windpad100
0シェア
FacebookTwitter