情報提供者から、HTCの未発表Android端末 " T-Mobile G2 " とおぼしき写真を入手しました。以前の流出ロードマップに従えば、G2 のコードネームは " HTC Vision "。すなわち英国向けには" HTC Desire Z " の名前で一部小売店などが入荷を予告している製品と考えられます。名称が示すように、Desire Z (Vision) はもう一台の未発表機種 HTC Desire HD とともに HTC Desire (ソフトバンクX06HT / X06HTII ) の後継機種と位置づけられており、画面は無印とおなじ3.7型のまま、横スライドQWERTYキーボードを採用しています。 T-Mobileでは2年前に販売した世界初のAndroid携帯 G1 の象徴的な後継として、G2の名前と「革命は続く」プロモで予告中。

続きに掲載したもう一枚とあわせてみれば、畳んだ状態ではほぼ Desire そのままの横幅でやや厚みを増したサイズのように見えます。ハードウェアキーがタッチ式になっていることから、無印 Desire の兄弟機にあたる Nexus One に近い雰囲気かもしれません。HTCは同一の製品名でも地域によって微妙なバリエーションを用意することがあり、T-Mobile ロゴがついたこの「G2」と他地域のDesire Z がおなじデザインかどうかは不明。ただDesire が販売されていた地域では、Desire HD と同時に、あるいはどちらかが展開されることは期待できます。大画面のHDも魅力的ですが、G2 / Z も「せっかくAndroid なんだから iPhoneにはほぼ絶対採用されないキーボードつきにしたい」需要から人気を集めそうです。

追記:もっと鮮明な写真第二弾が届きました。浮くスライドギミックやヘアライン加工金属板で補強してあるような背面が見られます。