ソニー、透過ミラー搭載のα55 / α33発表。1080i動画にも対応

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年08月24日, 午後 03:15 in a33
0シェア
FacebookTwitter

ソニーからデジタル一眼の新作、α55とα33が発表されました。期待されたとおり世界で初めて透過ミラーを搭載しており、世界最速オートフォーカスや高速連写、動画撮影中のTTL位相差検出方式オートフォーカス、ボディ小型化などを実現しています(もちろん世界初というのは民生用レンズ交換式デジタル一眼カメラでの話)。ソニーのキャッチコピーは「スピード一眼」。

共通仕様から眺めていくと、電子ビューファインダーには新開発の115万ドット Tru-Finder、背面の3型92万ドットのTruBlackディスプレイは縦180度・横270度に回転するバリアングルチルト可動式です。縦方向のクロスセンサーを含む新開発の15点オートフォーカスシステムも従来にはない機能。さらにAマウントαとしてははじめて動画にも対応し、1920x1080・60iでの撮影が可能になっています。動画形式はAVCHD、またはMP4(最大1440×1080解像度)。専用のMOVIEボタンも搭載。画像処理エンジンはおなじみBIONZです。

そのほか、最大ISO 25600相当の増感撮影機能、オートHDR撮影機能、スイングパノラマ / 3Dスイングパノラマ機能など。NEX-3 / NEX-5の成果が確実に還元された内容となっています。対応メディアはメモリースティック PRO デュオ / メモリースティック PRO-HG デュオ、またはSD/SDHC/SDXCカード。大きさは124.4 x 92 x 84.7 mmです。

両モデルの違いは主にセンサ部分。α55は1620万画素"Exmor" APS HD CMOSセンサーを備え、秒間10コマの連写が可能です。おまけにGPS付き。重さはバッテリーとメモリースティックPROデュオ込みで500g。一方、α33は1420万画素センサーですが、下位モデルとはいえ秒間7コマ連写が可能。ちょっと軽い492gです。

いずれもボディ単体のほか、DT18-55mm F3.5-5.6 SAMが付属するズームレンズキット、さらにDT55-200mm F4-5.6 SAMも付属するダブルズームレンズキットと、都合6モデルが発売されます。発売日は9月10日。続きには公式プロモーション動画を掲載。
'; document.write(alternateContent2); } // -->
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: a33, a55, alpha, alpha 33, alpha 55, Alpha33, Alpha55, sony
0シェア
FacebookTwitter