数多あるウェブサイトをトラフィック量に従った大きさで可視化したら......その答えがIcons of the Webです。もうすこし正確に言えば、Alexaのトラフィックデータ集計で上位100万のウェブサイトからfaviconを収集、ちゃんと集められた28万8945個のアイコンをトラフィック量に合わせて配置することで、このウェブサービス絵巻を作り上げています。もともとはfaviconからウェブサービスを導出するというプロジェクトのために集められたデータを流用したもの。最小のアイコン(16x16ピクセル)はリーチ率でいうと約0.0001%、全体では3万7440 x 3万7440ピクセルという超巨大サイズです。見てのとおり、設立後まだ12年ほどのウェブ広告企業が最大サイズを占めており、傘下の動画配信サービスや、人口5億人のネット大国がそれに続くかたち。視力に自身がある方なら、Flickrの下、SourceForgeの左下あたりに見慣れたアイコンを発見できるかもしれません。リンク先では拡大縮小や検索ができるマップのほか、プログラム、データファイル、ポスター用画像などが公開中です。印刷してウェブサービス理解度テストにどうぞ。

Gizmodo