キヤノン EOS 60D 発表。バリアングル液晶、1800万画素、1080p動画

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年08月26日, 午後 04:30 in canon
0シェア
FacebookTwitter

ニコン、ソニーに続いてキヤノンからも新しいデジタル一眼機が発表されました。ハイアマチュア機 EOS 50D の後継となる EOS 60D です。写真のとおり、EOSシリーズで初めてバリアングル液晶を搭載したのが大きな特長。液晶はワイド3型・104万ドット。それでいて、従来より小型になっています。

中身は1800万画素CMOSに映像エンジンDIGIC 4の組み合わせ。常用感度は100-6400に拡大し、感度拡張時はISO 12800での撮影も可能です。連写は最高5.3コマ/秒。そのほか、オールクロス9点AFセンサー、SD/SDHC/SDXCカード対応メディアスロットなど。また動画撮影も可能で、1920x1080・30pのフルHD動画に対応しています。映像はMPEG–4 AVC/H.264形式。内蔵マイクはモノラルながら、ステレオマイク端子が付いています。さらに「ふんわりやわらかく」「くっきり鮮やかに」といったイメージを指定して撮影できる表現セレクト機能、ソフトフォーカスやトイカメラ、ミニチュアなどの特殊効果を加えられるアートフィルター機能など、一眼デビュー向けの機能も拡充されました。

大きさは144.5 x 105.8 x 78.6mm、CIPAガイドライン規準で重さ755g。ボディのみ、EF-S18-55 IS レンズキット、EF-S18-135 IS レンズキットの3種類で販売され、9月中旬の発売予定です。価格はそれぞれ13万円、14万円、17万円くらい。

あわせて、交換用レンズの新作も発表されています。注目は世界初の「本格的」フィッシュアイズームレンズ、EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM(11年1月発売・15万円)。そのほか、EF70-300mm F4-5.6L IS USM(11月発売・15万8000円)に加え、EF300mm F2.8L IS II USM(12月発売・75万円)、EF400mm F2.8L IS II USM(12月発売・125万円)といった高級望遠レンズ、エクステンダー2種もあります。

sourceEOS 60D, レンズ
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: canon, canon eos, canon eos 60d, CanonEos, CanonEos60d
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents