東芝のAndroidタブレットは「Folio 100」、仕様判明?

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年08月29日, 午後 04:17 in android
0シェア
FacebookTwitter


公式にはプロトタイプのチラ見せと「Smart Pad」なる分類、10月までの発表予定だけが明かされている東芝製 タブレットに続報がありました。リンク先のNotebook Italia が載せているのは、Androidの画面が写ったタブレット「Folio 100」本体とドックアクセサリの写真、および製品仕様と称するもの。主なところを列挙すれば、ハードウェアは NVIDIA Tegra 2プロセッサ、10.1型1024 x 600 マルチタッチ液晶、16GBフラッシュメモリ、SDHCスロット(~32GB)、802.11b/g/n WiFi、Bluetooth、3G WWAN、1.3メガピクセルウェブカメラ、ステレオスピーカー、マイク、HDMI出力、USB 2.0ポート (標準、ミニ)、ヘッドホン端子など。

ソフトウェアは Android 2.2 "Froyo"、Opera Mobile ブラウザ (Flash 10.1対応)、電子ブックリーダーやPDFビューア、Officeアプリやメッセージング系などひととおり + Android マーケット。本体サイズは 281 x 181 x 14mm、つまり iPadより長くやや細くほぼ同じ厚さ(0.6mm厚い)。重量は760g。バッテリーは動画再生やウェブブラウズの通常使用で7時間。ドックは写真のように横置きで、「IRトランスミッタ」とあることから、外部スピーカー接続やHDMI出力でのテレビ接続とリモコンを備えることも考えられます。ここまでもっともらしい情報がでてきてもあくまで非公式な未発表製品ではありますが、秋の予定がそのままなら9月のIFAで披露されるかもしれません。なお東芝は、昨年の IFAでは7インチ画面でメディア再生やブラウザ、インターネット接続アプリが動くWIndows CEベースのタブレット JournEを発表しています。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, android 2.2, Android2.2, folio 100, Folio100, froyo, smart pad, SmartPad, tablet, toshiba
0シェア
FacebookTwitter