KORG M01発表会速報:シーケンサ機能が大幅強化、01/Wの音色も一部収録

kentaro
kentaro
2010年08月31日, 午前 07:00 in DETUNE
0シェア
FacebookTwitter

KORG DS-10 のスタッフが(元いた会社を飛び出して)新しく世に送り出すDS楽器ソフト「KORG M01」の発表会が新宿ロフトプラスワンで開催され、機能の説明とデモ演奏が披露されました。KORG M01 はDS-10 より格段に強化されたシーケンサ機能を備え、KORG の名機 M1 の音色に加えて 01/W の音色も一部収録します。実機の雰囲気を忠実に再現するあまり、開発者も「ユーザー・アンフレンドリー」を連呼するほど微妙にわかりにくいインターフェイスもあわせて、昔からのシンセファンにはたまらない逸品になりそうです。

シーケンサ部では、1シーケンスあたり最大64ステップ、小節毎にテンポ・ステップ数が変更可能、ノート入力部で和音が入力できるなど、DS-10 に比べるとかなりの強化がなされました。Nintendo DS の狭い画面で64ステップを編集するにはスクロールが不可欠であり、そろそろ DS でここまでやる必要があるのかどうかを本気で悩まねばならない領域に近付いてきましたが、M1 の音が DS から鳴っているのを聞くとやはり感慨深いものがあります。

今回は DS-10 の特徴であった波形エディット機能はない代わりに、334種の音色があらかじめ搭載されています。M1 の音色に加え、未だにプロの支持も根強いミュージックワークステーション 01/W からも一部の音色が収録になります。DS-10で評判を呼んだカオス・モードも機能強化。タッチペンでコード演奏やリズム演奏ができるようになりました。残念ながら今回も外部機器との連携はなし。楽曲データは KORG M01 同士でのみ交換可能です。

つづきに、DETUNE によるデモプレイビデオを掲載しています。「まだ言えない秘密の情報」もつづきに。


フライングで公開されてしまった Amazon では、発表会の開催中にゲームカテゴリ順位で12位から8位に浮上(記事執筆時点ではさらに上がって3位)。一同上機嫌のうちに、最後は KORG M1 の実機と一緒に、記者会見風に。

イベント中、佐野開発本部長が「まだ言えない秘密の情報」として、アップルが関係する " i " で始まるデバイス向けの製品が製作進行中であることをほのめかしました。アップルストアのイベントに「間に合わなかった」と語っていることから、近いうちに何らかの形で発表があるものと思われます。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: DETUNE, ds-10, features, KORG, korg ds-10, KORG M01, KorgDs-10, KorgM01, music, Nintendo DS, NintendoDs
0シェア
FacebookTwitter