アップルは米国時間3日、音楽ソーシャルネットワーク Ping のユーザー数が開始48時間で100万人を超えたと発表しました。Pingは iTunes 10で導入された音楽ソーシャルネットワーク。アップルによれば、iTunes 10をダウンロードしたユーザーのうち三分の一が Ping に参加したとのこと。アップルのインターネットサービス担当 VP Eddy Cue氏いわく「今後さらに多くの人が iTunes 10をダウンロードするにつれて、Pingコミュニティが引き続き拡大してゆくことを見込んでいます」。

2日で100万人はたしかに多いものの、アップルが主張する iTunes の有効ユーザー数 1億6000万人 (クレジットカード登録と1-Click設定アカウント数) からすればまだまだごく一部。iPodなどを使っているかぎりいつかは最新版 iTunesに更新せざるを得ないものですが、iPhone や iPod touch からあるいはウェブからもセットアップできればさらに増加が見込めそうです。