暑い日が続きますが、暦の上ではもう秋。というわけでパナソニックがLet'snoteの秋冬モデルを発表しました。14.1型(1440x900解像度)のF9、12.1型(1280x800解像度)で光学ドライブ付きのS9、同じ12.1型で光学ドライブなしのN9......というすっかりお馴染みの構成は今回も継続です(C1は法人向けのみアップデート)。主な変更点はプロセッサがCore i5-560M vProへと強化されたこと、ハードディスクが500GBに増量されたこと。そのほかも仕様はほぼ共通化されており、メモリーは4GB、OSはWindows 7 Professional 64bitです(ハードディスクリカバリーで32bitへ切り替えも可能)。

また、独自の省電力設計や放熱技術により、自慢の長時間駆動がさらに強化されたのも特長です。重さ1.62kgのF9は9時間駆動、1.34kgのS9と1.28kgのN9は共に14.5時間駆動。S9 / N9は別売の軽量バッテリーを利用することも可能です。そのほか、76cm動作落下試験、100kg加圧振動試験、キーボード全面防滴といったタフ設計など。着実な強化を続けてきた人気製品ならではの充実した仕様ですが、そろそろ抜本的改革はないのかしらという気もします。発売は9月11日より順次。

なお、いつも通り直販モデル(マイレッツ倶楽部)と法人モデルも同時に新モデルが発表されています。今回の直販モデルの売りは、S9 / N9で100台限定の新カラー天板「インナールーセント」(写真)、Core i7-640M vProや640GB HDDへのアップグレードなど。本日より予約受付開始です。

source一般モデル, マイレッツ倶楽部モデル, 法人向けモデル