パナソニック、マイクロフォーサーズ用3Dレンズを発表。GH2のみ対応

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年09月21日, 午後 05:15 in 3d
0シェア
FacebookTwitter

パナソニックからはマイクロフォーサーズ用レンズも発表になっています。目玉は年内発売が予告されていた3Dレンズ H-FT012。12.5mm/F12という独特の仕様で、LUMIX GH2で16:9の写真を撮影した場合、35mm換算だと65mmになります。重さは45g。注目の対応機種は? 残念ながら新しいGH2だけでした。発売日は10月29日。お値段は2万6250円。

そのほか発表されたのは、広角のパンケーキレンズ H-H014 と、超望遠ズームレンズ H-FS100300 の2種類。H-H014は14mm(35mm換算28mm)/F2.5で、重さ55g。10月8日発売、4万9875円です。一方「お子様の運動会」に対応というプレスリリースの言葉を信じれば目立つこと間違いなしのH-FS100300は、100-300mm(35mm換算200-600mm)/F4.0-5.6で、重さ520g。10月29日発売、8万850円です。

追記:
デジカメWatchによれば、3DレンズはG2も(そしてG2のみ)ファームアップデートで対応予定とのこと。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 3d, lumix, micro four thirds, MicroFourThirds, panasonic
0シェア
FacebookTwitter