ソフトバンク、HTC Desire向けAndroid 2.2を10月8日から提供

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年09月24日, 午後 04:13 in android
0シェア
FacebookTwitter
ソフトバンクが HTC Desire (X06HT / X06HTII) 向け Android 2.2 アップデートを10月8日から提供すると発表しました。8月の時点では「10月上旬」とアナウンスされており、予告どおりの提供時期です。Android 2.2 " Froyo " へのアップデートで進化するのはブラウザの Flash 10.1 対応、SDカードへのアプリ保存、カメラのHD動画撮影、Androidマーケットアプリの一括アップデート、JITコンパイラによるアプリケーション実行速度の全般的な向上、ブラウザのJavaScript 高速化など。さらに電話帳検索 / ソートのヨミガナ対応、Bluetoothアドレス交換、ウェブへのファイルアップロードといった点も強化・拡張されます。

Desire は発売時からAndroid 2.1を採用しているため、マルチタッチやライブ壁紙、マルチGoogleアカウントのOSレベルサポートなどはすでに対応済み。アップデートはシステムソフトウェアの更新チェックが有効になっている場合は自動的にポップアップが表示されるほか、設定>「この携帯電話について」から手動で確認することもできます。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, android 2.2, Android2.2, desire, froyo, htc, htc desire, HtcDesire, softbank, x06ht, x06htii
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents