シャープとCCCが、メディアタブレット「GALAPAGOS」向けのエンターテインメントコンテンツストア「TSUTAYA GALAPAGOS」の12月開設を発表しました。コンテンツは新聞・雑誌・コミックなど電子書籍が3万点から。来春には映画や音楽なども提供する予定。さらに読書中に関連動画を探して観るなど、「ジャンルの枠を超えて既存のコンテンツを融合した新しいマルチエンターテインメントサービス」の提供も「検討しています」。

運営はシャープ 49%・CCC 51%の出資比率で設立される新合弁会社(名称未定)が担当。会員管理にはCCCのTポイントサービスおよびTログインサービスを導入します。7月の電子書籍参入発表と端末の予告、先月のGALAPAGOSタブレット発表(ただし価格・料金体系・発売日などは「開始時期に合わせて別途ご案内を予定」)と小出しを続けてきたシャープですが、12月のサービス開始を控えてようやく具体的なストア情報が公表されました。「3万冊」の内訳や価格、コンテンツ提供が確定している出版社などはあいかわらず不明です。