NEC、バッテリー駆動5時間以上のモバイルWiMAXルータを参考出展

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年10月7日, 午後 09:42 in aterm
0シェア
FacebookTwitter

CEATEC の UQ WiMAXブースでは WiMAX 2の330Mbps 通信デモ (といっても有線)のほか、各社から発売中・発売予定の WiMAX対応デバイスが一同に会しています。写真はNEC アクセステクニカが参考出展していたAterm モバイルWiMAXルータ。NECはすでにモバイル WiMAXルータ製品 WM3300Rを販売していますが、WM3300Rがバッテリー駆動 最大2.5時間・バッテリー込み重量145g であるのに対して、今回出展されていたモデルはバッテリー使用時間が約5時間以上、質量約120gと大幅に進歩しています (※「 充電池含まず」の書き忘れでないとして)。本体はカードサイズで薄くなり、WM3300Rより体積で20%ほどスリムになっています。モックアップのみの出展で無線LAN部分・端子類などの詳細は未公開。ただし正式な発表も近いうちに期待できそうです。


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: aterm, ceatec, ceatec 2010, Ceatec2010, nec, uq wimax, UqWimax, wimax, wimax speed wifi, WimaxSpeedWifi
0シェア
FacebookTwitter