アップル Back to the Mac イベント
より。iOSで大成功をおさめたApp Storeが遂にMac OS向けにも登場します。これはiTunesのようにスタンドアロンソフトウェアとして動作し、アプリの検索とインストール、アップデートなどが可能というもの。もちろん有料アプリの購入(開発者視点で言えば販売)も可能で、70対30の分配も踏襲されます。購入したアプリは個人のMacすべてで動作する (ノートとデスクトップに2ライセンスetcではない)とのこと。開発者のアプリ申請は11月から、ストアは今後90日以内(年末~年明け?)にオープンです。