アップル Back to the Mac イベント
の目玉は招待状から顔が覗いていた、新Mac OS X Lionの予告でした。ネコ科の名前は当初コードネームだったはずですが、今回は数字のバージョン表記もなく、OS X Lionの名前で紹介されています。

機能としてはマルチタッチジェスチャ、App Store、App Home画面、フルスクリーンアプリの強化、オートセーブ、アプリのレジュームと、iOSでおなじみのものがOS Xに還元されたのが大きな特長。具体的には、ホームスクリーンにアプリを並べてフォルダも作れる OS X版Springboard の Launchpad や、従来のExposeやDashboardと新しいフルスクリーンアプリをまとめて表示・切り替えが行えるMission Controlが披露されました。OS X版App Storeについては別記事をどうぞ

OS X Lionは2011年夏にリリース。App StoreはLionのリリースを待たずに開店の予定です。



追記:日本のアップルでもプレビューページが公開されました。惹句は「Mac OS Xのパワーに、iPadの魔法を」。