アドビがFlash 10.1をマルチプラットフォーム対応と呼ぶとき、それはWindows、(プリインストールからは外されたものの)MacLinux、そしてAndroid(および派生のGoogle TV)に対応することを示していました。しかし世の中には他にも様々なプラットフォームがあり、それを制覇するのが「選択の自由」を掲げる同社の使命です。というわけでアドビはMAX 2010イベントで、Flash 10.1の対象プラットフォーム拡大を発表しました。すでにhpから明らかにされていたwebOS 2.0に加え、BlackBerry、「今後のバージョンの」Windows PhoneSymbian、おまけにまだ具体的な姿の見えないMeeGoや、このごろ話を聞かないLiMoが、Flash 10.1ファミリーの仲間入り(予定)になります。ただしそれぞれのリリース時期は不明。iOSバージョンの夢は遠退くばかりですが、アプリに変換するという道はあります。


Flash Player 10.1

Already one of the top free apps on Android Market, with more than 50,000 users giving it a 4.5-out-of-5 star rating, Flash Player 10.1 brings rich Flash based content to mobile devices inside the browser. The runtime is now certified on close to a dozen Android devices and will become available on dozens more over the coming weeks and months. Adobe also announced that Flash Player 10.1 was downloaded more than 2 million times from Android Market. In addition to Android Market, the runtime is distributed directly by device manufacturers and operators via pre-installs and operating system upgrades. Flash Player 10.1 is available on Android and Google TV today, with BlackBerry platform, HP webOS 2.0, future versions of Windows® Phone, LiMo, MeeGo, and Symbian OS also expected to support Flash Player 10.1. For a list of devices supported today, visit Adobe Flash Player 10.1 certified devices.