目の疲れを防ぐ「まばたき」ディスプレイ Blaze Bink Now

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年10月27日, 午後 02:00 in blaze
0シェア
FacebookTwitter
The Blaze Blink Now saves you from Computer Vision Syndrome, is always watching

コンピュータディスプレイを見続けたせいで目の充血やドライアイ、頭痛などの症状に陥る現象をコンピューター・ビジョン・シンドローム(CVS)と呼びます。簡単な予防法は、適度に「まばたき」をすること。ディスプレイに集中していると通常よりまばたきの回数が減少してしまうのが、目を疲れさせるそもそもの原因(のひとつ)というわけです。しかし普段は無意識で行っているまばたきを、どうやって意識すればいいのか。Blaze社Blink Nowがその回答です。

Blaze Nowは目を表示する小さなUSBディスプレイ。PCのディスプレイ上など、常にこちらを監視するような場所に設置します。ポイントは、この目がちょくちょくまばたきをすること。正確には1分に10回。他人のまばたきを見ると自分もまばたきをしてしまう現象により、結果的にユーザのまばたき回数を増やすよう促すというのが理屈です。効果はさておいて、ただ見られたい気分を味わうためにも利用可能。お値段は49.99ポンド(6500円くらい)。目を好みのキャラクターに変えられるならば豊かな潜在市場がありそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: blaze, Blink Now, BlinkNow
0シェア
FacebookTwitter