送料無料化のために1500円を超えるような少額の商品を探し、組み合わせていたのも今となっては昔の話。昨年秋ごろから段階的に対象を拡大させつつ延長が続いていたAmazon.co.jpの「送料無料キャンペーン」が完全サービス化されました。Amazon.co.jpが販売・発送する全商品の通常配送料(300円)が、今後も無料になります。マーケットプレイスで出品者が販売・発送するものや、お急ぎ便、国外配送、大型商品などはこれまでどおり対象外。ありとあらゆる商品を扱うアマゾンだけに、楽天はじめネット小売業に対する影響度の大きさははかり知れないものがありますが、コミック一冊から送料無料 + バーコードスキャン検索の組み合わせは、街の書店にとって死の宣告そのものです。