9月からベータプレビューを実施してきたXbox LIVE 秋のアップデートは本日11月1日より一般に提供されます。中身は Kinect 対応、ダッシュボードの新デザイン、アバターエディタやマーケットプレースなどのUI改良、レスポンス改善、音声チャットの音質改善、地域によりESPNやZune Music といった新サービスの追加など。アップデートは米国時間の1日から提供される予定で、Xbox 360を起動してネットワークに接続した際にアップデートの適用を求められます。必要時間は回線速度により5分から10分程度。「いいえ」も選べるものの、アップデートするまでLIVEに接続できなくなるMandatoryアップデートです。Kinectの発売は北米で11月4日、国内ではやや遅れて11月20日・単品1万4800円または4GB本体セット2万9800円