ドコモから裸眼3D液晶 Android携帯 LYNX 3D、FeliCa・赤外線にも対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年11月8日, 午後 12:53 in android
0シェア
FacebookTwitter

ドコモが2010 - 2011冬春モデルの新スマートフォン 4機種を発表しました。写真は裸眼3D液晶が特徴の LYNX 3D SH-03C。フルタッチタイプのAndroid端末で、ニンテンドー3DS やソフトバンクのGALAPAGOS 003SH / 005SHと同様、メガネなしの3D映像表示に対応します。液晶はのぞき見防止のカラーベールビューにも対応。またおサイフケータイや赤外線、ワンセグなど、日本でよく使われる機能に対応しているのもポイントです。Androidのバージョンは2.1、来年春には2.2にバージョンアップ予定。

主な仕様は3.8型 800 x 480 モバイル3Dディスプレイ、720p 動画撮影にも対応する9.6MピクセルCCDカメラ (インカメラなし)、GPS、Bluetooth、FeliCa、WiFi、ワンセグ、赤外線通信、microSDスロットなど。発売は2010年12月中予定。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, docomo, lynx 3d, Lynx3d, sharp
0シェア
FacebookTwitter