東芝REGZA Phoneがドコモからも発表されました。型番はT01-C。防水で、おサイフ、赤外線といった日本仕様も備えたAndroid 2.1スマートフォンです。基本仕様は、4型・854x480解像度のTFT液晶ディスプレイ、ワンセグやYouTube動画を高画質に再生するモバイルレグザエンジン3.0、1220万画素・ハイビジョン動画対応のAF付きカメラ、microSDHCスロットなど、AU版とおなじ。16GBのmicroSDHCカードと充電スタンドが同梱されます。

(通信方式など自明な部分を除いて)AU版と異なるのは、まず12月~1月という早い時期に投入されること。おまけに来年春にAndroid 2.2へバージョンアップされるとも予告されています。また、カラーはすこし派手なツートンに。AUにとってみれば、先に発表したのにドコモ版がかなり早くに売られることになり、バージョンアップの見通しも不明(すくなくとも未公表)。心中をお察しします。