ドコモから国際ローミング対応モバイルルーター HW-01C

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年11月8日, 午後 04:00 in docomo
0シェア
FacebookTwitter
ドコモが新しいモバイルWi-Fiルーター HW-01C を発表しました。ドコモのモバイルルーターといえば、バッファローの「ポータブルWi-Fi」が後にドコモブランドBF-01Bとして販売されていますが、HW-01Cでは国際ローミングにも対応するのが強みです。3G側はW-CDMA / FOMAハイスピード、FOMAプラスエリアに対応。無線LAN側はIEEE802.11 b/g対応です。有線LANポートはなく、端末同時接続数は5台、連続動作時間は通信時で約4時間と、「ポータブルWi-Fi」より劣る部分もありますが、そのぶん小型で、大きさは95.5 x 49.0 x 14.1mm、重さは80gに収まっています。発売は11-12月の予定。次はLTE対応でお願いします。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: docomo, hw-01c, mobile router, MobileRouter, ntt docomo, NttDocomo
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents