マイクロソフトから一から仕切り直しで開発したスマートフォン Windows Phone 7が米国で発売されました。現在、Microsoft Storeで購入できるのはHTC HD7(T-Mobile)、HTC Surround(AT&T)、Samsung Focus(AT&T)の3機種。価格については料金プランの違いなどもあり日本と単純には比較できませんが、とりあえず199ドルとなっています。上記の端末のほかにもLG Quantumなどが米AmazonやDell Mobilityで注文を受け付け中。ローンチ端末の詳細と比較については、過去のまとめ記事をどうぞ。ちなみに、欧州の一部などでは先行して販売がはじまっています。

なお日本についていえば、先日のマイクロソフトの発表会では、国内キャリアはパートナーとして名前が挙がっておらず、ご存知のとおり主要3キャリアの冬・春モデル発表会でもWindows Phone 7の名前が飛び出すことはありませんでした。国内の一般メディアでもスマートフォンがずいぶん話題になりつつある今日このごろ、そろそろなんらか情報を届けて欲しいものです。