Camangi JapanがAndroidタブレット Camangi FM600 を発表しました。Androidタブレットは多数ありますが、本品の特長はGSM / UMTS対応の3Gモジュールを内蔵していること。SIMロックフリーなので、ドコモ、ソフトバンク、あるいはドコモMVNO(日本通信 / IIJ)の一般的なSIMカードをどこからか調達してこれば、3G通信はもちろん、電話も利用することができます(もちろん、SIMが対応してれば)。

ハードウェア仕様を並べると、ディスプレイは静電式で、7型・800x480解像度。マルチタッチにもちゃんと対応します。プロセッサはQualcomm MSM7227 600 MHz、内部メモリーは512MB。両面にカメラがあり、背面は300万画素、前面は30万画素。802.11 b/g WiFi、Bluetooth 2.1 + EDR、miniUSB端子と3.5mmイヤホンジャックを備えます。バッテリー容量は3240mAh。W-CDMA通話で9時間、インターネット接続で5時間動作。

ソフトウェア面を見ると、Androidは2.2 "Froyo"。ただしFlash Player 10.1には未対応です。日本語入力にはSimejiやOpenWnnPlusとフリーソフト系をプリインストール。多くのAndroidタブレットとは異なり、Androidマーケットが利用できるのもウリです。

大きさは179.4 x 110 x 11.25mm、重さ380g。発売は12月中旬の予定。なお同社によれば、同じくAndroid 2.2を搭載したフルハイビジョン対応セットトップボックスも開発中とのことです。