iTunes内ソーシャルネットワーク PingTwitter との連携を開始しました。TwitterとPingのアカウントを紐づけると、Ping内でのアクティビティ(楽曲の購入、コメント投稿、Like)がTwitterにも表示されるようになるというもの。Twitter側から見るとiTunes / Pingへのリンクが表示されるだけでなく、アルバムのアートワークや収録曲はその場で確認できるようになっており、楽曲の試聴も可能と、なかなか気の効いたつくりです。

Pingは当初Facebookとの連携を模索していたものの、交渉が実らず破談したと言われています。Facebookがダメならばと、もうひとつの巨大ネットワークを味方につけることで注目度を上げる構えです。ところで、Twitter公式ブログによれば、
「Twitter ユーザーは現在、1日9500万ツイートを投稿していて、その多くは、彼らが聞いている音楽についての話題です」

音楽以外の話題をしているユーザーは少数派だったようです。