世界最小クラスのドキュメントスキャナ ScanSnap S1100

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年11月15日, 午後 01:30 in pfu
0シェア
FacebookTwitter

電子書籍ブームの波に乗りこのごろ名前を目にすることが妙に増えた PFUのドキュメントスキャナ ScanSnap に世界最小クラスの新モデル ScanSnap S1100が加わります。控え目な型番が示すとおり、A4対応、片面読み込み、原稿自動送り装置(ADF)なしというシンプルな仕様のかわり、大きさ273 x 47.5 x 34mm、重さ350gというコンパクトさを実現したモデル。ADFがないかわり、順に差し込んでいけば一枚ごとにScanボタンを押さなくても連続で原稿を読み取ってくれる「連送給紙機能」を搭載しています。また、キャリアシートを使えばA3も読み取り可能。USBバスパワー駆動なのもモバイル向きです。読み取り速度はA4サイズで7.5秒/枚(8枚/分)です。

ソフトウェア面ではWindows / Mac用の名刺管理ソフト、レシート読み取り家計簿ソフトが同梱されるのに加え、読み取りイメージをEvernote / Googleドキュメントに保存したり、名刺データをSalesforce CRMで管理するといった機能もあります。発売は11月20日で、オンラインストアPFUダイレクトではお値段1万7800円。年賀はがき整理ソフト「楽²ライブラリ パーソナル V5.0」とのセットモデルも同日発売で、PFUダイレクト価格2万2800円。さらに「Apple製品と調和しやすいホワイトを採用した特別モデル」もApple Store(店舗・オンライン)とPFUダイレクト限定で販売されます。

sourceプレスリリース, 製品情報, PC Watch 西川氏のレビュー
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: pfu, scanner, scansnap, scansnap s1100, ScansnapS1100
0シェア
FacebookTwitter