Google翻訳でヒューマンビートボックス

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年11月30日, 午後 12:30 in beatbox
0シェア
FacebookTwitter

Google自らが新しい利用法を提案する「Googleで、もっと。」キャンペーンを展開中のかたわら、RedditではharrichrさんがGoogle翻訳でヒューマン(?)ビートボックスを演奏するというアイデアを投稿しています。やり方は翻訳の「元の言語」をドイツ語にして「pv zk pv」や「pvzkpkzvpvzk kkkkkk bsch」といったおおよそ意味のない文字を打ち込み、「音声を聞く」を選ぶだけ。音声合成で奇怪な文章を再生させて楽しむのは昔からあるネタですが、Googleの技術力故か「ビートボックスっぽい」どころではない仕上がりになっているのが面白いところです。ビートの上でGoogleのサービス史をラップするもよし、Windowsの起動音とリミックスするもよし。演奏はリンク先でどうぞ。ちなみに他の言語だと、イタリア語などそれなりにビートボックス風になったり、いかにも機械語になってしまったり。残念ながら日本語は音声再生機能がありません。

Create Digital Music
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: beatbox, google, google translate, GoogleTranslate, human beatbox, HumanBeatbox
0シェア
FacebookTwitter