ソニーら、最大2TB・500MB/秒の次世代コンパクトフラッシュ仕様を提案

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年11月30日, 午後 04:00 in cfa
0シェア
FacebookTwitter

サンディスク、ソニー、ニコンの三社が共同で次世代メモリーカードの仕様をCompactFlash Association(CFA)に提案しました。デジタル一眼など今後の「プロフェッショナル用デジタルイメージング」製品に向けた規格となり、さらなる転送高速化・大容量化の実現を目指すものです。具体的には、インタフェースにPCI Expressを採用することで、理論値で500MB/秒の高速転送を実現するとのこと。ATAインタフェースを採用した従来のコンパクトフラッシュの転送速度が167MB/秒(理論値、CF6.0の場合)に留まることに比べ、次世代SDカードさえも(理論上は)上回る大幅な高速化となります。容量についても、理論上は2TB超えが可能。今後もデジタルカメラの画素数が増加し、連写速度も向上し続けると考えれば、メモリーカードがボトルネックとならないためには必要な規格です。デザインは明らかにされていませんが、サイズは「現行のコンパクトフラッシュカードとほぼ同等」で、「新たなアクセスコントロール機能と耐久性の高いメディア形状」を備えると発表されています。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: cfa, compact flash, compact flash association, CompactFlash, CompactFlashAssociation, memory card, MemoryCard, nikon, sandisk, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents