Three-Speaker Boomboxは敢えていうならポータブルスピーカーに分類されるはずの、TDKの新製品。見てのとおりラジカセ世代にアピールする、その下の世代には「そもそもカセットテープってものがあって......」という説明が必要になりそうなデザインを採用しています。写真では大きさが把めないかもしれませんが、大の大人が両手で抱えるくらい、ウォークマン以前のポータブルと言えば伝わるでしょうか。みっつのスピーカーは中央が15Wウーファーで、両端は10Wのステレオスピーカー。さすがにカセットデッキは搭載していませんが、AM / FMラジオはちゃんと備え、USB経由ではiPhone / iPodやUSBメモリ内の音楽ファイルを再生することができます。対応ファイル形式はMP3 / AAC / WMA。音声入力端子も各種内蔵しているので、お気に入りの楽器やプレーヤーとの組み合わせも楽しいかもしれません。

形状こそ80年代的ですが、フレームと背面はアルミで、前面は光沢アクリル、有機ELディスプレイまで備えるなど、デザインは今日的なのも面白いところ。電源ケーブルも付属しますが、ポータブル仕様なのでバッテリーももちろん備えています。お値段は499ドル。発売時期など詳細は来月のCES 2011で明らかになる予定です。