iPod や iPhone の新製品発表の前に対応ケースが出回るのはすでに伝統となりつつありますが、alibaba などではすでに「第二世代 iPad用」を自称するケース製品が販売されています。左上にカメラ用の穴が空いているのはこれまでのうわさから分かるとして、面白いのは裏面の下部左寄りに謎の四角い切り欠きがあること。SDスロット用だという説もあり希望としてはそちらを推したいところですが、背面に空いている意味はよく分かりません。一方、現在はドックコネクタと同じ下面にあるスピーカーが背面に移るからという推測もあります。また別の説では、金属製のケースでアンテナのために空けていたものを、シリコンケースのメーカーがとりあえず真似をしたのだとも。ただし現在の iPadのアンテナは上部とリンゴマークのあたりです。さらにこの真偽不明のケースにないものまで考えれば、横置きできるように新設される (かもしれない) といわれる側面ドックコネクタのための空きは見当たりません。