Google Labs の実験プロジェクト App Inventor がベータ段階に入り、招待なしでも使えるようになりました。 App Inventor はあらかじめ用意された「ブロック」を組み合わせてゆくことで、プログラミング言語を習得していなくてもAndroidアプリが開発できるビジュアルプログラミングツール。マウスで見たままに配置できる基本的なUI 部品や自前素材のほか、条件分岐などロジックを組めるブロックでプログラミングが可能です。

さらにメディア系機能やメール / SMS、Twitter など外部サービスとの連携、GPSやセンサー値取得など Android の機能がブロックとして用意されているため、「ねこの絵を押すとニャー」レベルだけではない一般的な自分アプリを作ってスマートフォンで動かすことができます。必要なソフトウェアのダウンロードはリンク先から。デスクトップ側のシステム要件は Mac ならインテルCPU の Leopard 以降、WindowsはXP以降、Linux は Ubuntu 8以降・Debian 5以降。使用には Googleアカウントが必要です。