Windows を AirPlay対応にする非純正アプリ AirMediaPlayer

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2010年12月23日, 午後 06:18 in AirMediaPlayer
0シェア
FacebookTwitter

Erica Sadun 姐さんが公開した一連のハックで活気づいている AirPlay 界隈に、今度はWindows対応アプリが加わりました。Apostolos Georgiadis 氏が公開したのは、AirPlay ビデオを受信できるWindows アプリ AirMediaPlayer。iOS デバイスまたは互換プレーヤから送信先に指定することで、Windows PC を Apple TV のように使うことができます。つまり Mac OS で動く AirPlayer の Windows版にあたるもの。

動作に必要なのはOS が Windows XP / Vista / 7、.NET framework 3.5 SP1、アップルが配布している純正のBonjour for Windows、およびQuickTime for Windows。ギリシアのT.E.I. で教える作者いわく、このアプリは学生と一緒にTCPやUDP、メディアストリーミング、マルチスレッドプロセッシングなどの学習に作ったもの。性質からして保証はない as is のソフトウェアですが、リンク先から無償で落として試すことができます。続きは短いデモ動画。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: AirMediaPlayer, airplay, apple, bonjour, ios, microsoft, pc, streaming, video, video streaming, VideoStreaming, windows
0シェア
FacebookTwitter