東芝、私的録画補償金を巡る争いでSARVHに勝訴

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年12月27日, 午後 10:00 in copyright
0シェア
FacebookTwitter

東芝勝ちました。デジタル専用DVDレコーダーにおける録画補償金をめぐり、「デジタル専用なのに著作権者向けに補償金を支払う必要ってあるんすか?」と支払いを拒否していた東芝を、「必要あります」と私的録画補償金管理協会(SARVH)が訴えていた裁判で、東京地方裁判所は損害金を求めるSARVHの主張を退けました。どういう問題だっけ、という方はまず以前の解説記事を参照下さい。

判決で興味深いのは、そもそもの「デジタル専用DVDレコーダーは補償金制度の対象になるか」という点についてはSARVHの訴えが認められたこと。しかし補償金の支払いはあくまでメーカーとSARVHの協力規定にすぎず、支払いに法的な義務はない、という判断となっています。これまでのいざこざはなんだったんだと思わないでもありませんが、結果としてはデジタル専用機は補償金支払い対象と認められてしまった東芝にとっても、メーカーに補償金支払い義務はないと言われてしまったSARVHにとっても、痛み分けとなる結果になりました。

ともあれ今回どのような判決であったとしても、上訴を重ね最高裁まで持ち込まれるだろうとも予想されています。これから時が過ぎるほど「そもそもDVDっていうメディアがあって」「アナログ時代は今日のようなDRMがなく」など、問題の陳腐化が進むことを考えると、早期に落とし所を見つけて欲しいものです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: copyright, law, sarvh, toshiba
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents