動画:にわとりステディカムで手ブレ知らず

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2010年12月31日, 午後 05:00 in chicken
0シェア
FacebookTwitter

動画撮影のぶれを軽減するステディカムという機材がありますが、なにしろ大がかりで高価なものが多く、アマチュアにはなかなか手が届かないものです。そこで簡単・安価に入手可能な代替品として、Pennywhistle Productionsが2008年よりはるばる提唱しているのが、鶏。にわとり、ニワトリです。なんでも鶏は、体の動きに関わらず頭部を安定させる性質というか能力を備えているため、頭にカメラをくくりつければスティディカムを使ったかのようなブレのない動画を撮影できるとのこと。実際の性能については、人間の頭にくくりつけた場合などと比較した動画を続きに掲載していますので、そちらをごらん下さい。生き物ですので、時々よそ見をするのはご愛嬌。

普及のための課題も挙げておくと、日本の都会では入手と維持がやや難しい、映画撮影にせよ子供の運動会撮影にせよ鶏ステディカムの撮影者自身が目立ってしまう、鳴く、などでしょうか。撮影後は食べることもできる、というメリットを思いついた方もいらっしゃるかもしれませんが、Pennywhistle Productionsでは飼っていた犬に食べられてしまったことがあったそうで、これも良し悪しです。




 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: chicken, Pennywhistle Productions, PennywhistleProductions, steadycam
0シェア
FacebookTwitter