iPhone アラーム問題、アップルの予想に反し1月3日も継続中か

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年01月4日, 午前 08:00 in alarm
0シェア
FacebookTwitter
年明けから iPhone のアラームが設定どおり鳴らないという問題が、日米をふくめ各国で騒動となっています。対象となるiOSについては諸説ありますが、報告ベースでは最新の4.2.1をふくめ、4.1、4.0.2などが被害に遭っているもよう。正月休みを満喫せよというアップルなりのサプライズなのかもしれませんが、同社は公式回答は以下のとおりでした:
「1月の1日、2日に設定された『繰り返し』ではないアラームに関する問題については認識しています。期間中のアラームについては『繰り返し』に設定することが可能ですし、1月3日以降のアラームについては正しく動作するはずです」

しかし、回答に反し、3日になってもやはり「鳴らない、電話」状態が続いているという報告が相次いでいます。一方で、3日になると元に戻ったという報告もあるのが奇妙なところ。いずれにせよ、iPhoneのアラームは昨年11月もサマータイム処理をあやまって1時間遅く鳴るという騒動を引き起こしており、もはやどういう不具合が潜んでいても不思議ではない状況です。アップデートが公開されるまで、目覚まし時計の携帯が最適解かもしれません。

sourceReuters, PC Mag
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: alarm, iphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents