Asus Eee Pad Transformer 発表、キーボード合体で16時間駆動

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年01月5日, 午前 07:41 in android
0シェア
FacebookTwitter

Eee Pad " Transformer " は同時に発表されたEee Pad " Slider " と対になるキーボードつきAndroidタブレット。スライダーがスライド&チルト式キーボード一体型であるのに対して、トランスフォーマーはタブレットと合体するキーボードドックがセットになった製品です。10.1型1280 x 800 IPS液晶、静電容量式マルチタッチ、1080p動画再生にも対応するデュアルコアのNVIDIA Tegra 2 プロセッサ、512MB / 1GB RAMと16GB / 32GB Flashストレージ、デュアルカメラ、microSDポートにミニHDMIといった基本仕様はスライダーとほぼ同一。OSもおなじAndroid 3.0を採用します。

スライダーとの違いはキーボードが分離式になっている分やや軽く薄いこと (680g、12.9mm)、また単体で8時間駆動のところ、合体すればキーボード側のバッテリーで16時間まで運用できること。

予価はSlider より100ドルほど安いUS$400 〜 700ほど、発売は4月頃になる見込み。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, android 3.0, Android3.0, asus, eee pad, eee pad transformer, EeePad, EeePadTransformer, honeycomb, transformer
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents