ソニーの 3Dハンディカム HDR-TD10 は4月発売、15万円

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年01月13日, 午後 04:00 in 3d
0シェア
FacebookTwitter

3Dの商品イメージを2Dでどう表現するか各社が頭を悩ませる今日このごろ、ソニーがCESで披露していた3Dハンディカム HDR-TD10 を国内で正式に発表しました。レンズがふたつならイメージセンサーもふたつ、画像処理エンジンもふたつという、分かりやすい3Dカムコーダーです。各センサでフルハイビジョンを記録できるため、解像度は1920x1080 x 2ということに。ソニーはダブルハイビジョンと呼んでいます。

仕様を眺めていくと、レンズはソニー Gレンズで広角29.8mmからの光学10倍ズーム。1/4.0型の総画素数420万の裏面照射型CMOSセンサー"Exmor R"に、画像処理エンジン BIONZ という組み合わせ(x2)です。3D撮影時は前述のとおりダブルフルハイビジョン。2D撮影時はフルハイビジョン・60pも記録できるほか、映画風の24p記録モードもあります。音質面では5.1chサラウンドサウンドマイクに、フルデジタルアンプ S-Master、ステレオスピーカーという構成で、風きり音ノイズ低減機能もあり。そのほか、2D撮影時には光学式手ブレ補正「アクティブモード」、90種類のシーンと自動設定する「おまかせオート」、「優先 顔キメ」「スマイルシャッター」「ゴルフショット」「追尾フォーカス」など一般のハンディカム同様の機能が搭載されています。メモリーは内蔵64GB。

撮影したデータについては、本体搭載の裸眼3D対応 3.5型122.9万ドットというタッチパネルエクストラファイン液晶で確認することが可能。撮影時間に応じてを自動分類するイベントブラウズ機能や、ハイライト再生機能も備えています。もちろんHDMIで3D対応BRAVIAと接続すれば、もっと大画面で楽しむこともできます。本体の端子はHDMIミニのほか、USB、マイク入力、ヘドホン、A/Vリモートなど。

連続撮影時間は別売の大型バッテリを使用した場合で、2Dが7時間50分、3Dが5時間10分。86.5 x 74 x 148.5 mm、重さは本体625g、本体付属バッテリ込みだと720g、大型バッテリで820g。発売日は4月、お値段は15万円前後です。CESのときの様子を動画で続きに掲載しています。

なお、ソニーからは、3Dではないけれどプロジェクターを備えてたりするハンディカムが5モデル、1620万画素・フルハイビジョン動画対応・3D静止画対応・TransferJet搭載と奮った性能を備えたサイバーショットも5モデル、エントリー向けのサイバーショットは4モデル、そしてコンパクトながら3D撮影に対応したりそうでなかったりするBloggieの2モデルが同時に発表されています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: 3d, handycam, hdr-td10, sony
0シェア
FacebookTwitter