iPad 2 の高解像度化にまたヒント、横1536pxのタイルがiBooks 1.2ソースから

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年01月18日, 午前 08:43 in apple
0シェア
FacebookTwitter

iPad 2 (仮) の高解像度ディスプレイ採用については、これまでアップルの未発表製品情報をかなり正確に的中させてきた独自ソースの証言をお伝えしたばかりですが、また別の方面からもその状況証拠、あるいはヒントらしきものが発掘されています。リンク先でRafeed Chaud­hury 氏が掲載しているのは、アプリ iBook 1.2から見つかった1536 x 800 ピクセルの Wood Tile@2x.png ファイル。Wood Tile は書架の背景に敷き詰めて使われる画像ファイルで、現行 iPad 向けのWood Tile.pngは解像度 768 x 400となっています。

現行 iPad のディスプレイは対角 9.7インチ縦1024 x 横 768ピクセル。解像度 (本来の「精細さ」の意味で) は約132ppi。もし横1536ピクセルのタイルが iPad 2 (仮) の2048 x 1536 ディスプレイ採用を示すものなら、さらに9.7インチの画面サイズが変わらなければ、細かさはそのまま倍の約264 ppi 。iPhone 4 の Retina Display (約330 ppi )には及ばないものの、この画面サイズとしてほとんど例がない高解像度の製品になります。10インチ以下で横2000ピクセル超は以前ならなかなか想像しがたい仕様でしたが、細かなヒントが積み重なるとだんだんとなくはない話に思えてきます。

Mac Rumors
source@sadatkarim (Twitter), Rafeed Chaudhury
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, ibooks, ipad, iphone, retina display, RetinaDisplay
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents