HTML5に、クラーク・ケントをすこし彷彿とさせるようなポップなロゴができました。HTMLなどの標準化団体であるW3Cが発表したもので、今後コミュニティの承認を得て正式ロゴとなる予定です。ウェブサイトで「HTML5使ってます」バッジとして利用することも提案されており、たとえばローカルストレージ機能を使ってるとか、CSS3を利用しているとか、詳細を示すためのアイコンも用意されています。ライセンスはCreative Commons Attribution 3.0 Unported。つまり原著作者(W3C)のクレジットを明記すれば、自由に複製、頒布、二次的著作物を作成することが可能です。リンク先には白黒版も含めた各種ロゴのリソース、無料ステッカー配布キャンペーン(米国のみ)、Tシャツ販売のお知らせなどもあります。ちなみに、ロゴに沿えられているキャッチコピーは"One Web for All"。まったく、そうであって欲しいものです。