台湾のイベントで、ASUS が Eee PC の新製品 " Sirocco " ( Eee PC 1015PW) を披露しました。イベント前にはティーザー的に演出されていた「シロッコ」ですが、公開された仕様は 10インチ1024 x 600 液晶、Atom N550、1GB RAM (最大2GB) 、250GB / 320GB HDD、SDスロット、USB 2.0 x 3、802.11b/g/n WiFi に Bluetooth 3.0、30万画素ウェブカメラ、10時間駆動 6セルバッテリで約1.25kg、Windows 7 Starter など。フタを開けてみれば Eee PC としても最上位仕様ではない、至って普通のネットブックでした。(強いていえばBluetooth 3.0 が最先端。でも USB は2.0)。

熱風や激しさ、 変形や高性能 を連想させる " Sirocco " の名を持つ理由は、やはりというか筐体に砂漠の風紋のようなテクスチャーを備えている点。ASUS は 2010年にもカリム・ラシッドによる複雑なジオメトリックデザインを備えたモデル Eee PC 1008KR を投入しており、1015PW は2011年度のデザイナーズモデルともいうべき位置づけのようです。詳細仕様はリンク先のAsus公式へ。なお Asus は昨年10月に半公式広報サイト Tech In Style ですでに1015PWのデザインも仕様も公開しており、今回の発表で分かったのは Sirocco の正体が既発表の製品だったことだけ。これではイベントに新奇性を求めるなど絶望的だといわざるを得ません。