左は従来の純正 Bumper ケース、右は米国在住の読者が地元のApple Storeで見つけた「ユニバーサル」ケース。先日発表された 米 Verizon 版 / CDMA版 iPhone 4はアンテナまわりの設計が異なるため消音ボタンの位置が変わっている、というより微妙にずれていることが発見されていましたが、アップルは両対応版としてずれの分だけ開口部を広げたケースに置き換えてゆく方針のようです。続きは妙に本格的な開封比較動画。だからなんだという話ではありますが、CDMA版でも消音スイッチ周りがシビアなケース以外はそのまま使えそうです。

[Thanks, Alex!]