開催中の PlayStation Meeting 2011で、PSP後継機がお披露目されました。コードネームは次世代携帯型エンタテインメントシステムことNGP(Next Generation Portable)。コンセプトとして掲げられたのはまったく新しいインタフェース、ソーシャル、ロケーションベース、現実と仮想空間の融合(AR)、PlayStation Suite対応。仕様は「クラス最高のCPU」(詳細記事)、従来の縦横2倍となる960x544解像度の5インチ有機ELディスプレイ、ディスプレイはタッチスクリーン化されたうえ、背面にもタッチパネルを備えます。そのほかデュアルアナログスティック(スライド式ではなく「普通の」アナログスティック)、モーションセンサ、前後カメラ、3G + WiFiなど。デザインはほぼPSPで、スライド形状はなし。メディアは新形状のフラッシュカード。もちろん「リアルタイムでのインタラクティブ・コミュニケーション」を実現するLiveAreaや、位置情報と連携して周辺ユーザが遊んでいるゲームなどを共有できるNearなど、ソフトウェア & サービス面でも新機軸が発表されています。価格は未発表、発売は年内!