Parrotの AR.Drone といえば、iPhone / iPod touchで操作できるラジコンヘリというイメージがあるかもしれません。しかしSDKが公開されていることから分かるとおり、開発次第でiOSデバイス以外でも遊ぶことができます。というわけでフランスのWinwise社がプラットフォームに選んだのは、よりによってマイクロソフトのマルチタッチテーブル Surface。大柄な本体よりさらに巨大なテーブルを操ってヘリを動かしています。ただ動かしてみたというだけでなく、本体のカメラ映像を生かしてコックピット風インタフェースを作りあげたのが素敵なところ。動画は続きに掲載。ますますAR.Droneが欲しくなってしまうやろうが、という方のためにお伝えすると本体価格は2万8800円くらいです。Surfaceは一般販売されていませんが、だいたい70万円くらい

Journal du Geek